Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 1Ds MarkIII

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 1Ds MarkIII

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 1Ds MarkIII↑ 最新の価格はクリックして
ご確認ください。
価格723,899円 (2012/05/06)
価格689,476円 (2012/03/14)

評価: 4.7

レビュー: 3件のレビューがあります。

約2110万画素、35mmフルサイズCMOSセンサーが生む、感動画質。 ■35mmフルサイズ、約2110万画素CMOSセンサー 空間をどう切り取るか。パースペクティブやボケをどう演出するか。35mmフィルムカメラと同じ感覚でレンズワークが行えることは、プロの創作活動において大きなアドバンテージです。EOS?1Ds Mark IIIは、自社開発の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載(画面サイズ約36×24mm)。レンズ表記焦点距離と画角の関係は35mmフィルムカメラと同等です。 新開発の35mmフルサイズCMOSセンサーは、従来機種を大きく超える約2110万画素。被写体のディテールを、鮮鋭に描写することが可能です。大判プリントを前提とする商業写真にも余裕を持って対応できるほか、トリミングの自由度も広がり、作品の活用の幅が広がります。また、この解像感と一眼レフカメラならではの機動性、豊富なEFレンズを活かし、これまで中判カメラを使用してきた撮影を効率化するなど、プロの機材選択と創作活動にさらなる自由をもたらします。 ■高精細、高速画像処理を実現する、デュアルDIGIC III ナチュラルな色再現と高速処理を可能にした映像エンジン、DIGIC II。その画像処理能力を約2倍に高めたDIGIC IIIを2個搭載することにより、約4倍(EOS?1Ds Mark II比)というハイパフォーマンスを獲得しました。これにより、約2110万画素、14bit信号の高速処理、高感度撮影時のノイズ低減、画像の高速処理、記録メディアへのアクセス速度の高速化などを実現。さらに、バッファメモリーも従来の約2倍(EOS?1Ds Mark II比)に大容量化しています。息をのむ高画質を、最高約5.0コマ/秒で高速連写するEOS?1Ds Mark III。そのポテンシャルの源泉です。 ■豊かな階調表現を生む、14bit A/D変換処理 階調性は、解像感と並ぶ高画質の条件のひとつ。新開発の35mmフルサイズCMOSセンサーは高画素でありながらダイナミックレンジが広く、ハイライトからシャドウまでを豊富な階調で描写することが可能です。さらに、センサーから出力されたアナログ信号をデジタル変換する際に、14bit処理(16384階調)を採用。これまでの12bit処理(4096階調)よりもトーンジャンプの発生が少なく、光や色の微妙な変化もより美しく滑らかに描写することが可能です。RAW/sRAW(Small RAW)画像は、付属ソフトウェア「Digital Photo Professional」で現像後、TIFF16bitで保存することで、14bit処理ならではの階調性を得ることが可能。また、JPEG画像(各色 8bit)も14bitの信号から生成されるため、従来よりも階調性に優れた画像となっています。 ■最高約5.0コマ/秒の高速連続撮影 約2110万画素の高画質でありながら、ワンショットAF/AIサーボAF時ともに最高約5.0コマ/秒の高速連続撮影を実現。商品撮影はもちろん、人物の一瞬の表情を狙ったポートレート、動きの激しいスポーツなど、幅広いテーマに対応することができます。ドライブモードに高速連続撮影、低速連続撮影を用意しており、被写体の動きにすばやく対応することが可能。また、それぞれのモードは連続撮影速度をユーザー自身が設定できます。 ■19点クロス+アシスト26点、新エリアAF AFシステムは、19点クロス+アシスト26点の新エリアAFです。原理的に分解能力が高いF2.8光束センサーと、デフォーカス検知に優れたF5.6光束センサー。この組み合わせから、EOS?1Ds Mark IIIの高精度なAFが生まれます。さらに、26点のアシスト測距点を含む合計45点のAFフレームで被写体を捉えるため、予測が困難なシーンにも的確な対応が可能です。なお、AFセンサーの感度を高めることにより、低輝度限界性能が向上(-1~18EV、常温・ISO100)。暗い状況下でのAF活用を可能とし、撮影の効率化に貢献します。 ※ EF24mm F2.8、EF28mm F2.8使用時は、19点のクロスAFフレーム中、左端3点/右端3点を除く13点でクロスタイプ測距ができます。左端3点/右端3点では、横線検出によるAF撮影となります。EF70?200mm F2.8L USMとエクステンダーを組み合わせたときは、中央AFフレームを選択して撮影してください。中央以外のAFフレームでは測距誤差が生じることがあります。 ■スタジオで効果を発揮、ライブビュー撮影 被写体やストロボの準備、構図やピントの確認、露出の設定など、さまざまな作業を並行して行うスタジオ撮影では、ファインダーの代わりに、カメラの液晶モニターまたはパソコンの画面を見ながら撮影するライブビュー機能が力を発揮します。レンズが捉えた映像をリアルタイム(30フレーム/秒)で確認できるため、逐一ファインダーを覗きこむ必要がなくなり、セッティングから実撮影までを大幅に効率化することが可能。また、フィールドにおいてもハイ/ローアングル撮影などで有効です。 ※ パソコン画面を見ながら撮影するリモートライブビュー撮影では、付属ソフトウェア「EOS Utility」をパソコンにインストールする必要があります。 ※ 撮影環境によっては温度警告が表示される場合があります。 ■システム全体で追求する、高信頼性 外装の上・前・後カバー、メモリーカードスロットカバーに加え、内部構造である本体およびミラーボックスにも、新たにマグネシウム合金を採用。さらなる高強度・高剛性・軽量ボディを実現しています。もちろん、全76ヶ所に及ぶ操作部と外装カバー合わせ部に徹底したシーリングを施し、高い気密性を確保。さらに、アクセサリーシューの周囲に防塵・防滴構造を新設。スピードライト 580EX II、ワイヤレスファイルトランスミッター WFT?E2にも防塵・防滴構造を採用しています。これにより、防塵・防滴対応EFレンズを装着時、システム全体として優れた耐環境性能を実現します。 ■視野率約100%、約0.76倍の高倍率ファインダー 35mmフルサイズCMOSセンサーに対応しつつ、さらなる高倍率を得るため、大型ペンタプリズムと新設計の光学系を採用。視野率約100%※、倍率約 0.76倍(50mmレンズ・∞・?1dpt)、視野角約35度と、歴代EOS中で最も高いスペックを実現しました。アイポイントは20mm。アイピースシャッターのシャッター羽根はグレー(接眼側)とし、視認性を高めています。また、標準フォーカシングスクリーンは、明るさとピントの山のつかみやすさを両立させた、Ec?CIV。35mmフルサイズにふさわしい広がり感と自然な見え、視野周辺まで明るくすっきりとした、高性能ファインダーとなっています。 ■総合的なセンサーダスト対策 ゴミやホコリがセンサー部に付着し、画像に写り込んでしまう。この問題を解決することで、撮影者はレンズ交換できる一眼レフカメラのメリットをいっそう安心して享受できるようになります。EOS?1Ds Mark IIIは、シャッターユニットやボディキャップに、ダストの発生を抑制する部材を使用。赤外吸収ガラスに帯電防止処理を施し、静電気によるダストの付着を抑制。それでもゴミやホコリが付着してしまった場合に備え、さらに次のような対策を用意しています。 ・セルフクリーニングセンサーユニットセンサー部最前面の赤外吸収ガラスを超音波振動させ、ゴミやホコリをふるい落とします。落ちたダストは吸着部材でキャッチする仕組みです。電源スイッチ(ON)(OFF)時、自動的にクリーニングを行うほか、任意で作動させることも可能。専用の振動ガラスが不要なため光学性能を損なわず、コンパクトながら大型の撮像素子にも対応できる、合理的なユニットです。 ・ダストデリートデータ取得・付加機能セルフクリーニングセンサーユニットで除去できない粘着性の高いゴミがある場合、その位置情報を撮影データに付加します。付属ソフトウェア「Digital Photo Professional」で現像時に、一括でゴミ消し処理を行うことができます。 ■低ノイズ・広ISO感度ISO100~1600 高画素化と高感度の両立。EOS?1Ds Mark IIIの常用設定範囲*はISO100~1600、ISO感度拡張(C.FnI?3)時でISO50、3200と幅広く、様々な撮影条件にも柔軟に対応することが可能です。そのバックボーンとなるのが、先進の半導体技術。オンチップマイクロレンズの集光効率を高めるほか、フォトダイオードの受光効率の向上、さらにノイズ除去・低減技術などにより、高感度設定時でもノイズ感の少ない、優れた描写力を実現しています。なお、感度設定は1/3段ステップ、任意で1段ステップ(C.FnI?2)に変更することも可能です。 * 推奨露光指数。 ■高精細、高輝度、広視野角、大型3.0型液晶モニター 大型の3.0型TFTモニターを搭載。画像が確認しやすいだけでなく、メニュー表示も大きいため、よりスムーズな操作を実現。これまでのEOS DIGITALより最大輝度を大幅にアップさせたことで、明るい屋外などでも視認性は良好です。色再現領域の拡大とパソコンのモニターに近い中間調再現により、色再現性も向上しています。視野角は、左右上下約140度。画素数は約23万画素、輝度は環境に合わせ7段階できめ細かく調整可能です。 ■プロのニーズに応える拡張性、WFT?E2/OSK?E3対応 ・ワークフローに柔軟性と効率をもたらす、WFT?E2 II B無線/有線LAN環境でのデータハンドリング、カメラのリモート操作を実現するワイヤレスファイルトランスミッター WFT?E2 II Bに対応しています。撮影した画像を指定サーバーに自動転送する「FTPモード」、リモートライブビュー撮影を実現する「PTPモード」、Webブラウザーでリモート撮影と画像取り込みができる「HTTPモード」の、3種類の通信モードを搭載。スタジオ撮影の効率化、フィールド撮影における画像の即時活用などに力を発揮します。 ・外部記録メディアやGPS機器を接続できる、USBホスト機能ワイヤレスファイルトランスミッター WFT?E2 II Bを介して、外部記録メディアをUSB接続することが可能です。膨大な枚数を撮影するときも、メモリーカードを交換・管理する煩わしさを解消でき、便利です。また、ハンディタイプのGPS機器をUSB接続することにより、「緯度、経度、標高、協定世界時」の情報を取得、Exif情報のGPSタグに付加することも可能。ネイチャーフォトや航空写真などにおいて、撮影場所と撮影時間を記録・管理するのに役立ちます。 ■操作性・信頼性の追求、スピードライト 580EX II 実績あるスピードライト 580EXの基本性能を踏襲しつつ、さらに防塵・防滴性能、信頼性を高めたフラッグシップストロボです。防塵・防滴構造の採用により、EOS?1Ds Mark IIIに装着時、システムとしての防塵・防滴化を実現。さらに、取り付け脚に金属プレート、ピンに新形状を採用することにより、耐久性と直結接点の通信信頼性も大幅に向上しています。 ■豊富なEFレンズを使用可能 超広角から超望遠まで、60種類以上ものラインナップを誇るEFレンズ。EOS?1Ds Mark IIIは、その豊富なEFレンズを制限なし*に使用することができます。広角レンズの広い画角とパースペクティブ、大口径レンズのシャープネスとボケ味、TS?Eレンズのような特殊レンズのユニークな効果。それらを余すことなく引き出せるのは、35mmフルサイズCMOSセンサーならではの優位点です。 EFレンズの卓越した光学性能と約2110万画素の解像感が、プロの創作意欲を刺激します。 * EF?Sレンズを除く。

Leave a Comment