PENTAX デジタル一眼レフ *ist DL2 ボディ本体

PENTAX デジタル一眼レフ *ist DL2 ボディ本体

PENTAX デジタル一眼レフ *ist DL2 ボディ本体
↑ 最新の価格はクリックして
ご確認ください。
価格59,800円 (2012/05/12)
価格59,800円 (2012/03/20)

評価:

レビュー: 0件のレビューがあります。

気軽に撮影を楽しめるレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ(ボディ単体モデル) 初級者やファミリーユーザー、コンパクトデジタルカメラからステップアップされる方、さらにはこれからデジタルカメラを使い始めようというフィルム一眼レフユーザーにも気軽に楽しんでいただけるモデル。
気軽に撮影できるカメラ任せの簡単機能 人物、風景、接写などの様々な撮影シーンに最適なシャッター速度、絞り値、ホワイトバランス、彩度、コントラスト、シャープネスの強弱などをカメラが自動的に選んで設定するペンタックス独自の”オートピクチャーモード”や、被写体の明るさや逆光などの状態により、内蔵ストロボが自動的にポップアップして発光する機能を搭載。デジタル一眼レフの操作が初めての方でも簡単に一眼レフならではのきれいな写真を撮影することができる。
わかりやすく扱いやすい操作系 撮影モードの設定が簡単でわかりやすいモードダイヤル、絞り値とシャッター速度の設定をスムーズに行えるセレクトダイヤル、メニュー選択がしやすい十字キーなど、各種操作部材を機能的に配置している。グリップの握りやすさとあいまって、カメラの各設定操作がスムーズに行える。
オート感度設定機能 オート感度設定機能を備えており、被写体の明るさやレンズの焦点距離情報に応じてカメラ側で自動的に感度を変更する。暗い場所での手ぶれ軽減や、感度変更の戻し忘れを防ぐことが可能で、感度設定を気にすることなくコンパクトカメラのように気軽に撮影を楽しむことができる。オート感度設定の上限は標準出力感度400から3200まで、任意に選択することができる。
2.5型の大型高精細液晶モニター 大型で見やすい2.5型の液晶モニターを採用している。約21万画素の高精細で、最大12倍までの再生時デジタルズームに対応しており、撮影画像のピント確認なども容易。メニュー表示の文字もモニターサイズに合わせた大きなフォントサイズを採用し、大変見やすくなっている。また、各種設定画面での背景色と文字色の組み合わせには様々な状況下でも判別しやすい配色を採用している。
気軽に持ち運べる小型軽量ボディ 小型ながら高い剛性を備えたステンレス製のシャシー、10層の多層基板採用による電気回路基板の縮小、効率の良い高密度実装技術、CCDサイズに合わせたミラーボックスとシャッターユニットの搭載などにより、携帯性に優れた小型・軽量ボディを実現している。ファインダーは軽量のペンタミラー方式を採用、独自のファインダー光学設計とフォーカシングスクリーンの組み合わせにより、大きく明るいファインダー像が得られる。
有効610万画素の高精細かつ階調豊かな画像 撮像素子は23.5mm×15.7mmという大きな撮像面積の高性能CCDを採用。有効画素数は610万画素で、高性能画像処理エンジンによる画質を重視した独自の画像処理技術とあわせ、高精細かつ階調豊かな画像を得ることができる。さらに撮影者の意図にあわせて「鮮やか」と「ナチュラル」の2通りから画像仕上を選択することが可能。
便利な”ガイド表示機能” 各撮影モードの詳細説明や、ドライブモード・ストロボモード・ホワイトバランスの設定項目の説明を文字や写真で表示したり、カメラの設定状況を一覧表示する、わかりやすく便利な”ガイド表示機能”を備えている。これらの説明や一覧は背面の2.5型大型液晶モニターに表示される。
高精度5点AF 高精度のピント合わせが可能な5点ワイドAFセンサー( SAFOX VIII、全てクロスタイプ )を新たに採用。中央、上下左右の各測距点から、撮影状況に応じて最適な測距点が自動的に設定される。撮影者の意図により測距点を中央の1点に固定することも可能。
また、AFモードは、シャッターボタン半押しでフォーカスロックされる”シングルAF ”と動く被写体にもピントを合わせつづける”コンティニュアスAF”の2種類を選択することができる。
8種類の”シーンモード”を搭載 新たに8種類 ( キッズ、ペット、キャンドルライト、美術館、夜景、サーフ&スノー、テキスト、夕景 ) の” シーンモード ”を採用しており、多彩な撮影シーンに対応できる。撮影シーンに合ったモード(アイコン)を液晶モニター上のアイコン一覧表示 ” モードパレット ” から選択するだけで、そのシーンに最適な設定で撮影できる。
2種類のプレビュー 絞りの効果をファインダー内で直接確認する光学式プレビューに加え、露出、構図、ストロボライティングなども背面の液晶モニター上で確認することができるデジタルプレビューを新たに採用している。
最高速1/4000秒シャッター 実用性の高い、最高速1/4000秒、ストロボ同調1/180秒のシャッター機構を搭載している。夜間の長時間露出時に便利なB(バルブ)設定も可能。
秒間約2.8コマの連続撮影 最高約2.8コマ/秒で最大5コマまで(JPEG、S.ファイン設定時)の連続撮影機能を備えている。
従来からのペンタックス交換レンズが装着可能 従来からの各種ペンタックス交換レンズが装着可能。撮影意図に応じてレンズを使い分けることにより、一眼レフならではの幅広い表現が可能になる。
軽快さをイメージしたデザイン シャッターボタン、液晶モニターカバーや上部LCDカバーの周囲、十字キーなどにシルバー色を施すことで、軽快なイメージの外観に仕上げている。
その他の特長 撮影者の使い方にあわせて機能を設定できる18種類のカスタムファンクション機能。 SDメモリーカード対応。 撮影画像は撮影日毎のフォルダでSDメモリーカード内に保存することが可能。 撮影状況に応じて、16分割測光/中央重点測光/スポット測光への切り替えが可能。 長秒時の撮影時にノイズを低減するノイズリダクション機能。 電源はCR-V3リチウム電池2本または単3形電池4本に対応。 USB2.0(ハイスピード)によるパソコンへの高速データ転送。 最大で12倍の拡大再生や、9コマのサムネイル再生などの多彩な再生機能。 画質モードはJPEG(S.ファイン/ファイン/エコノミー)、RAWから選択可能。 撮影後の画像を加工できる5種類(白黒、セピア、スリム、ソフト、明るさ)のデジタルフィルタ機能を搭載。 RAWデータ展開用ソフト「PENTAX PHOTO Laboratory 2.1」、ブラウザソフト「PENTAX PHOTO Browser 2.1」を同梱。 PictBridge対応。

Leave a Comment